FGO攻略まとめ隊

『FGO』の2chまとめ攻略ゲーム速報ニュースをお届けします

FGO攻略まとめ隊

geniee_ヘッダー下PC

RSS2

【疑問】空の境界の式の魔眼と月姫の志貴の魔眼ってどう違うの?

   

人気記事ランキング

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/applism/1509595803/

76: 名無しさん 2017/11/02(木) 14:13:21.77

式の魔眼と志貴の魔眼ってどう違うの?

 

80: 名無しさん 2017/11/02(木) 14:14:24.28
>>76
基本式の魔眼の方が強い

 

86: 名無しさん 2017/11/02(木) 14:17:34.79
>>80
同じ魔眼だけどランクが違う感じか

 

115: 名無しさん 2017/11/02(木) 14:29:05.41
>>86
と言うより身体のスペックの問題だな 根源接続者か否かって話
式の魔眼は概念だろうが殺せるし魔眼使用のリスクもほぼゼロ

 

161: 名無しさん 2017/11/02(木) 14:49:41.72
>>76
式の魔眼は霊体とか普通は目に見えない存在を殺すのに長けてる
普段は物事を俯瞰して(焦点をズラして見る)ことによって魔眼の能力を抑えてる
もともとは「 」から漏れ出た能力

志貴の魔眼は2度の臨死体験によって死に近づいて脳が死を理解(脳の回線が開けた)ことによって死が見えるようになる
おかげで魔眼のオンオフができず視界に入ったモノの死を脳が勝手に理解しようとするから無機物も殺せる
ただし魔眼を使いすぎると脳がオーバーヒートして廃人になる。

両者に共通するのは、直死の魔眼はもともと淨眼っていう普通は目に見えないモノを見る魔眼が変質したもので、死の概念が無いモノや本人が殺せないと思い込んでるモノは殺せないってところ

なんか長くなってすまない

 

164: 名無しさん 2017/11/02(木) 14:50:28.75
月姫エアプなんだけど式と志貴と士郎とぐだとザビ誰が一番強いの?

 

179: 名無しさん 2017/11/02(木) 14:55:03.15
>>164
ぐだだろうなぁ
13: 名無しさん 2017/11/02(木) 13:48:37.14
遠野志貴

幼少期に経験した二度の臨死体験から直死の魔眼を得た少年。非常に優れた殺人鬼の素養を持つ。

本名を「七夜志貴」といい、退魔の暗殺者「七夜一族」唯一の生き残り。
七夜襲撃事件の際、襲撃を指揮した遠野家当主・遠野槙久によって、長男「シキ」と名前の読みが同じという気まぐれで生かされ、養子となった。
その後、槙久の実子四季と秋葉、並びに遠野家に引き取られていた琥珀と翡翠の双子姉妹と幼少時を過ごしていたが、
義兄の四季が反転、ロアの転生もかさなり、彼の暴走によって再び瀕死の目に遭う。
病院で目覚めたとき、その目にはあらゆるものの死が視えていた。一時期自暴自棄になっていたが、
偶然出会った蒼崎青子に魔眼殺しの眼鏡を貰う。その後は、遠野分家のひとつ有間に預けられていた。
預けられてから八年後に、遠野本家に呼び戻され、ある女性と出会ったことから吸血鬼たちとの戦いに身を投じる。

能力
運動神経は悪くなく、むしろいい方であるが、体力的に脆弱で貧血が絶えず、体育は苦手。
幼い頃に受けた鍛錬の名残か、戦う時の体運びや短刀の扱いには目を見張るものがある。
直死の魔眼はもともと七夜の能力である「淨眼」が二度の臨死体験で変異したもの。死の線・点が視え続けるということは、
脳や神経に非常に負担をかけるため、普段は「魔眼殺しの眼鏡」をかけて抑制している。ちなみに通常の視力は2.0以上で、
レンズによる矯正はまったく必要ない。
月姫終了後の続編関連では、魔眼の力が眼鏡では押さえきれなくなっており、包帯を巻いて視覚そのものを封印している状態になっている。
「死」を見すぎるが故に「死」に近く、肉体は高い運動能力を持つものの、回復力に乏しい。直接の原因がそれだけとは限らないが、
長くは生きられないことも作中で示唆されている。
魔術世界のことについては知識面も実践面もずぶの素人。ただし魔眼と精神が最高潮の状態では魔術式を「殺す」ことで対抗しうる。

アイマスの二宮飛鳥の声優「青木 志貴」の名前の由来は絶対コイツ

 

15: 名無しさん 2017/11/02(木) 13:49:51.77
>>13
改めてすげえよこれ
最近のなろうとかまだまだ甘いと分かる
3キャラ分くらいの設定1キャラに詰め込んでるよね

 

インリード(PCの記事下) 16:9

PCリンクユニット

PC関連コンテンツ

あなたにオススメの記事です

PC_taboola

こちらの記事も読まれています

 - ネタ・雑談